子どもネットへようこそ! —子どもの育ちと学びと人権と—

子どもの心と命のために—子どものいる現場から発信

TEL.048-829-9178(総合案内)

〒338-0811 埼玉県さいたま市桜区白鍬466(総合案内)

「人権」って何だろう?−−−ある警官の行動から

「人権」って何だろう?−−−ある警官の行動から

このエントリーをはてなブックマークに追加

「人権」って何だろう?−−−ある警官の行動から

▼我々の周りには「人権」という言葉が溢れている。「それは人権侵害である」という言い回しもよく聞く。まことに日本という国は人権が大事にされている民主国家だと思ってしまう。
しかし、つい最近まで「ヘイトスピーチ」なるものがデモ行進でも叫ばれていたし、自治体の長を選ぶ選挙戦においても候補者の口から公然とその種の言葉が吐かれていた。それも表現の自由であると言ってはばからない。聞くところでは、自民党の掲げる新憲法草案においてもこの「人権」条項はさっぱりと削除されているらしい。
一体、日本で「人権」はどうなっているのか。

▼「人権」の専門家に問い合わせれば、たぶん「人権」というタイトルの本だけでも夥しい数の類書を紹介されるのかもしれないが、現実に他のナリワイで日々を送っている者にはそんな暇はない。
「人権」と言う時、しばしば事件として取り上げられるのが子ども、女性や高齢者などの社会的弱者の場合である。このどれかは毎日のように新聞紙面やテレビ画面を賑わす。そして識者がコメントする。で、終わりである、大抵の場合には。それでみんな判ったのであろうか。
そこでここでは、誰にでも分かる卑近な例を紹介したい。

男の子の隣に横になる警官  ← クリック

▼アメリカ・インディアナ州の警察官プレシャス・コーナー・ジョーンズ女史がとったこの自然な行動に注目したい。理由は分からないが駄々をこねて床に寝転がり突っ伏した小さな男の子の横に、彼女自身も腹ばいになったのである。「子どもと同じ目線に立ち、笑顔にしてあげる」−−−まさに我が子に接するのと同じ母親の思いになればこそ、こういうさり気ない行動に出られたのだろう。
日本ではどうだろう?最近では沖縄で基地反対やヘリポート建設反対をを叫ぶ高齢者さえごぼう抜きにする警官の行動が痛々しい。本来、国民の「人権」を守るべきはずの警察が国民の「人権」を踏みにじるその最前線に立っている。政治的主義主張以前の問題ではなかろうか。

▼日本では、警察官に限らない。公務員法という規定があり、そこでは国家公務員や地方公務員の「人権」は制限されている。そのように自分たちの人権が制限されている場合、いきおい国民の人権への配慮も疎かになるのはやむを得ないことではなかろうか。
この女性警官の場合には、国民の人権を守る立場としての自覚だけでなく、なかなか思いを周りに伝えられず、おもどかし悔しい思いのする子どもの目線に立ってその気持ちをおもんばかった一人の母親として自然な行動の発露であったと思われる。
もし、学校の先生にもこの気持ちのゆとりと想像力があったのなら…きっと不登校の子ども達も今ほど多くはならないのではなかろうかと考えてしまう。そのためには、日本の公務員にももっと人権を享受できる職場環境を保証したいものである。

良ければクリック ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
******************************************************
「ぱいでぃあ通信」
(不登校・フリースクール応援ブログ)
http://paidia.blog106.fc2.com/
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
******************************************************

 

« »