子どもネットへようこそ! —子どもの育ちと学びと人権と—

子どもの心と命のために—子どものいる現場から発信

TEL.048-829-9178(総合案内)

〒338-0811 埼玉県さいたま市桜区白鍬466(総合案内)

2学期は9月5日から

2学期は9月5日から

このエントリーをはてなブックマークに追加

▼もう直ぐ夏休みが終わり、2学期が始まります。
夏休み期間中はいかがでしたか?きちんと計画を立て、しっかりとやり遂げた人がいるかもしれません。そういう人は素直に自分を褒めてあげてください。きっとそのことで一回り大きくなった自分を発見したかもしれません。

▼でも、中には夏休みの行動計画をきちんと立てられず、日々の生活もなんとなくダラダラとして無駄な時間ばかりを過ごしたと、ちょっぴり後悔している人などもいるかもしれませんね。でも、それもまた夏休みの過ごし方の一つのありよう。それがダメということでは決してないんです。

▼一人ひとり顔も違えば声も違います。まして個人の内面にまで立ち入れば、それはもう千差万別。同じようで皆違うのが人間。一卵性双生児だって違います。
そして、人生にやり直しはありません。自分の人生行路について全ての人が若葉マークのドライバー。枯れ葉マークの人だってベテランはいないのです。

▼「人生に意味のない行為は一つもない」とも言います。その時は失敗に見えても、それもまた貴重な経験かも。その後の生き方でどうなるか分かりません。その時うまく行かなかったからこそ大きな学びとなることだってあります。
つまりは全てはみな貴重な体験であり、二度とは得られない学びであったということです。

▼この夏休み中の個々人の体験もそうかもしれません。全てはそれと向き合う自分次第かも知れませんね。
この学びということについても、こういう考えがあります。学びを単なる「洗脳」ではなく人を豊かにする「覚醒」と捉えようと。教育の方法もかつての「教えー覚える」方式から「考えー覚醒する」というアクティブ・ラーンニング方式に変わってきています。学ぶ主体である自己を自覚しましょう。

▼まだまだ暑い夏の名残りが続きます。でも、暦の上では8月の上旬から既に秋。強烈な日差しの中にも秋の装いは隠れています。事実、この間の台風5号の後から、秋の虫が徐々に鳴き出し、今や夕方には四方遍在虫の声頻りです。
私達も過ぎ行く夏の終わりを惜しみながら、来る秋の彩りを大いに楽しみたいところですね。詳細は別途連絡します。

tab1 から投稿

« »